新・路露日記

路傍の露が ひねもすのたりと書きとめる あることないことだいありぃ〜
たわいなきかな路露日記 三日坊主にならなきぁいいけど
気合いを入れて 壱、弐(NEW)の見参!
クロスワードDAY

今日掲載誌が届いた

クロスワードDAY8月号

途中お休みもあったけど

足掛け何十年もお世話に…

夏目洋一郎のペンネームで

今回はQ31の主婦がテーマのイラスト

いやはや未だ本とのかかわりが

続いているのは嬉しい事ですじゃ



 

本といえば最近読んだ「一路」

これは面白かった〜♪

浅田次郎さんの本…

調子に乗って「王妃の館」を読みはじめ

すでに上巻三分の一まで進み

大事に読もうとブレーキに必死さ

物語に出て来る場所をネットで画像検索し

オイラも物語に便乗することに ガハハ

頭の中にジブンで描くだろう挿絵を浮かべ

最近クセになっちまった演ずる事も加え

セルフの部分をジブンなりに…

これってまさに

イラスタレント型読書法!

??ですかぁ タハハ

| 本の話 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
善慶寺

浅田次郎著「赤猫異聞」を

読み終え意外な事実が?!

オイラの住んでる町の周りで

事件が起る明治元年の話でして…

赤猫というのは総じて

火事のことを指すらしく



 

伝馬町の牢屋敷では囚人たちのフチョウで

火の手が迫ったときの「解き放ち」

戻れば罪一等を減ずる

戻らなければハリツケ獄門…

その解き放ちの場所が

ナント散歩コースの「善慶寺」



 

これがやたらと近所なので

囚人の気分で読めり込めたッスよ

寺は昔から変化はあっても

そこにある事を再認識し

アンディ散歩の楽しみが

チョイ増えたッスで今日もこれから…

| 本の話 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
風の市兵衛

残念ながら風邪をひいて

寝込んでいる友人もいるが…

その夏風邪ではない 

爽やかな風の様な人のお話ッス

ソロバン片手に悪を切る

(トニー谷の様な…じゃなく)

つかみどころのない格好良さ?

そりゃ風だから?…で その風にオイラは惚れて

只今ドップリ浸かり込み

最早第5巻までも読破し

辻堂 魁著 「風の市兵衛」シリーズ(祥伝社文庫)



 

あぁ遂に6巻の上下巻へ

手をのばそうとしているのッス

なんともヤメラレナイ止まらないの風なのでありまッス

| 本の話 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
こころってなんだろう

当時オイラが是非やりたいと提案し採用され

むろん絵を担当した絵本ですが…


先日貸して欲しいとママからワイフに連絡があった

小学2年生のマゴ坊が読書感想文を書くので読みたいらしい


感想文の書き方?的本で推薦されていたらしいのだ



オトナにだって読んで欲しい1冊なので…

推薦してくれた本に「ありがとう」を言いたいんです


人と人と人と人と…

みんな違ったこころを持っている


この前観たミュージカル「ア コモン ビート」でも

それはそれで認め合おうと叫んでいた


オトナになった?からって

それは変わるもんじゃない


でも


忘れがち…?


宣伝という訳じゃないけれど

手にとって見て欲しいなって…




人が感じて言ってくれた言葉は

大切に受け止めて…理解して…意見はその後で


これはオトナになりきれないオイラには…

実に難しいものだから描きたかったのかも…(多分)

| 本の話 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
【影法師】…またしても感動!

【永遠の0】を読んで感動し

時代小説という本書でも…


百田尚樹先生恐るべし!

【影法師】講談社文庫…絶賛でっす♪必読でっす!



単行本刊行時には未収録の袋とじ付もついて

納得の上にも更なる納得の読後


あらすじはあちらこちらで検索するもよしですが

私はここでは言いたくないのです…


やはり読んでみて欲しいのです

本の世界にすぐ引き込まれます


こんな時代劇があるなんて

今迄味わった事が無い風が吹く


一言で言うとこの季節にぴったり?な

なんともいい風なのですよ


一時代劇ファンとしては

次なる時代小説を切望してやまないのですが…


ここがあそこがと言いたいのは山々で

しかし言わぬが花の変な日記になって


だけど「読んでみてよ」

と言いたくて書いちゃいましたのでゴメン

| 本の話 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
あってよかった!応援したい【ニッポンを幸せにする会社】

あってよかった!応援したい

【ニッポンを幸せにする会社】


鎌田 實著 イラスト及川達郎 

集英社から発行されます 


「幸せを感じられる国をつくる処方箋

おもしろくて、明日が楽しみな会社を

ぜひとも知ってほしかった」

…と帯に書かれています



「なるほど!」…と

「そうなんだ!」…と


イラストを描きながらまた一つ

モノの考え方のポケットが

増えた気がしました


鎌田先生とのお仕事は

【ちょい太でだいじょうぶ】集英社発行

…以来2度目ということになりましたが


その都度教えられる事があり

私にとって「為になるお仕事」なのであります♪


| 本の話 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
面白くてよくわかる!古事記

本日 見本刷りが届きまして

いよいよ11/24発売に向け

チャクチャクと進行している模様

イラストを担当した私もワクワクしています♪



面白くてよくわかる!古事記

アスペクト/発行

三浦祐之/監修

夏目洋一郎/イラスト


日本の神々を知る大人の教科書

のサブタイトル通り

私もイラストを描きながら…勉強しました(笑)

| 本の話 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
公事宿事件書留帳

「闇の掟」(一) 澤田ふじ子著

このシリーズを読みながらの地図ゴッコ


小説の舞台は京都!


縁あって何度か訪れているオイラ

なのでこの間といっても去年の秋だが


その時デカイ地図をコンビニで購入していた

これを使い物語の地図によるオッカケをしている



以前 池波正太郎著 剣客商売などを

この手を使って楽しんだ…


それが高じて浅草に居住

といっても過言ではない(苦笑)


現在「木戸の椿」(二)を読み始めているが

楽しくてならない


むろん物語自体バラエティーにとんだ筋書きで

ぜんぜん飽きないときているから頼もしい


全巻読み終えた時のオイラが又楽しみ

京都の地図が頭に入って来たら

この先京都の楽しみが増すというもんでしょうが


京都行きの皮算用が徒労にならぬよう

日々精進しつつの読書…


七夕の終わった今でも願いは届く の?か?なぁ?…

| 本の話 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
面白くてよくわかる!論語
 夏目洋一郎がイラスト担当の本



仕事を終えたオイラ…
少しは…お利口になったと…思う(多分)

興味のある方ドゾドーゾ
蒸し暑い夜の味方か…敵か…見方によるかぁ

お試しあれ!




| 本の話 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
永遠の0

百田尚樹著

故児玉清氏が絶賛した本

私も絶賛!


こんなに感動し涙を流したのは

本を読んで初めて…スンゴイ!っす!!


戦争の…カタチが三次元で理解でき

学校で学んだ歴史がド〜〜ンとリアルになった瞬間!


こういうのって教科書にならないのかなぁって

読み終えてもぶり返す涙…


勇気のある方は是非読んでみてください


感ですが…映画化されるのではと…

その前に涙を…2時間では収まらない感動です!から…


| 本の話 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

<<2/4pages>>


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS