新・路露日記

路傍の露が ひねもすのたりと書きとめる あることないことだいありぃ〜
たわいなきかな路露日記 三日坊主にならなきぁいいけど
気合いを入れて 壱、弐(NEW)の見参!
10 ブルースの足音
「コツコツやればコツコツ終わる」
まるで念仏でも唱えるかの様に

その言葉を口に出さなければ
挫けるとでも言うように…彼はつぶやく

確実に出口が見えて来たと
ほくそ笑みながら肩を揉む

肩は集中したことを
証明するようにパンパンに張っている

後1週間程で美酒が味わえるであろう予感が
彼の肩が語っているかのようだ

長かった道もどうやら年内に
完走出来るみたいだ

「コツコツやればコツコツ終わる」
彼はもう一度つぶやいて目薬をさした

キツくしみわたる刺激の液体

ブルースが遠ざかっているのを横目で見ながら…
禁断のセカイから遠ざかるように頑固な目だ

彼の中に又そいつの足音がしはじめ
デスクから離れブルースハープを手にする

疲れた笑みがかすかにこぼれ
愛犬の催促に答えるべく窓を見る

すっかり黒くなった磨りガラスの外
身をゆだねるにはいい時間だ…

スキットルに詰めたバーボンを
ポケットに忍び込ませ…

「出かけるとするか…」

セナカで愛犬が尾を振っている
ブルースのタクトが振られているかのように
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
9 黄昏のベンド
(初レッスン日の昨夕
仲間の前で披露した俺のハーモニカ
初めてなので緊張?もしたが…)


一枚の枯葉が梢で震えている様な
なんとも頼りない我が黄昏のベンド

そればかりか単音とてスッキリしない
全くお先真っ暗なブルース街道

そこはかとなくいじらしい音色が
俺を打ちのめす…

すこぶる付きの凄い奴に
勝負を挑み始めたと思い知らされて

足(口?)がすくむ…

時をかけてコツコツ刻めば
いつか俺だっていい音出るさ

そう信じてやってみるっきゃなさそうだ

開き直ればこれほど楽しい鍛錬もないだろうと
ブルースハーモニカに出会った幸せを感じている

まぁ 飽きないように
まぁ 挫けないように
まぁ サボらないように
まぁ これからの友として

ライバルは俺自身にありと
ハーモニカが唄ってたポロリ (つづく)
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
8 はもにかベイビー
なんともセクシーな曲で
なんとしても覚えてモノにしたいベイビーなのだ

「あんたもスキねぇ〜!」な風味で
「そう俺もスキねぇ〜!」になったのだ





松田幸一/Harmonica a la mode
http://try-records.com/label.html

ハーモニカがこんなに良いもんだとは
まさにポケットグラマーなベイビーだ

歌と違うのは まず音を出すところから難しい
だから 曲までいくのに練習が必要になる
だから 面白い…

まさに ヤンチャな荒馬を
乗りこなす感じだ(乗馬したことはないが)



秋の夕暮れ

川面に はもにかの

メロディ浮かべて

ネオンを月を浮かべて 

チマチマした

花粉の如き世の垢を

しばし忘れる

シャワーのように  (路露)
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
7 まさかの展開
まさかのまさかり 金太郎?!
A氏の手持ちのお気に入りアルバム(むろんLPレコード)

泉谷しげる「LIVE IZUMIYA」
…これ以上ない位の
ド派でなジャケットの2枚組なのだが

これに我が師匠・松田幸一先生が
なんと〜! 共演なさっていたのだ(感動…ウルッ)



なんてったて泉谷ファンのA氏B氏
その驚愕たるやチビリもの…

<春夏秋冬>のハーモニカは
おそらく師匠がぁ…(約失神)

そして又 本日!
師匠のライブが曙橋[Back in Town]にて行われるとは!
http://www.ari-times.com/

なんたる強運A氏!
早速ワイフと連れ立って
いざ行かん会場へと予約をとる

むろん このところ風邪気味の
B氏も連れ立ってである…

このところ…アンディ散歩の隅田川
川面を眺めつハープのケイコとマナブ君が常の両氏

アンディ君はそこでヘタッピーな練習をば
聞かされ続けてウンザリ気味だが

おnewの首輪を買ってもらって
アンディ君の斜めがかたご機嫌もどうやら回復したらしく

両氏を心配する余裕すら出て来たらしい
(まったくモノやエサにからきし弱い奴なのだ)

アンディ君の心配はB氏が飽きっぽいということで…(大人びた観察力だ)
ここはA氏のリーダーシップが頼りとなるは必定だと(深い洞察力!)

そして せめて1曲マスター出来たら 
つぎなる展開もあろうかというものだとも… (なるほど納豆食う!)

「そいつぁ秋の空にも計り知れない今後の展開」

「まぁ ボチボチ見守ってまひょかぁ〜」

ヘタッピーな両氏のハープに合わせて
うなるアンディ君なのでありました(ワオ〜ン和音ムードるんるん

| 【鈴虫はブルースが好き】 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
6 ざわめくココロ
「あの〜 初めてなんですが」
まるで大人になるための儀式スタイルだぁ!

時間が経つにつれ ズンズン人が集まって
約20人位にもなったのだろうか

みんな パーポーパーポーとブルージーな音を
ベンドというブルース独特のテクらしいのだが

(当たり前だよ 稽古して来ているんだから)
(ビビるんじゃないよ 始まる前じゃない)

ブツブツA氏B氏のざわめきがココロに広がる

どうやら12月に発表会があるらしく
みんな 緊張と興奮とが入り混じっていて

微妙な時期に入会したものだと…

「すみません 変な時期に来ちゃって…」
「とんでもない かまいませんよ」

いい先生だ〜!
そして実にカラダの
一部になっているような
ハーモニカの音色…

「か かっこよすぎだぁ〜!」
「な なみだでちゃうぜぃ!」

3時間弱彼等の練習を見学して
それだけでも得した気分の時間

むろんパープーパープーな音色の変化に関しての
一応の基本的謎は解決し

コツコツやればなんとかなりそうな
そんな実感がコレ又ざわめいて

久しぶりな音楽環境にのぼせる程浸って
ナカナカ出ないパープーな音の変化を克服すべく

A氏とB氏はこれより 
ハーモニカ漬けになるは必定の常識なのだ!





<まずはブルースへの入門編!
これにて おしまい

次回はある程度上達してから
基礎実践編を出来れば音付きで考え中だが

こればかりは A氏とB氏の努力と結果次第なもんだから
いつになるかは……

なんちゃってクリスマスソングでも
やりたいところではあるが…… > (入門編 おしまい拍手
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
5 バクンバクン
「いよいよ殴り込みだぁ〜!」

「な わけ ないっしょ…」

B氏のボケにA氏がつっこみ
ミュージシャンの門出はトホホに寒そうだ

春日通りの蔵前駅側の教室は
自宅からは実に好都合な場所な訳で

行かざぁなるめぇよ と
運命的 近所つながり〜?

このところ一夫多才!のココロが疼き
なんかジブンの風通しが悪いなぁと

落ちつかなかったB氏は
スポーツの秋だからと
習い事?を薦めてくれたA氏に
後押しされ始める事に…したことは

それはそれでいいのだが
やはりどうにも落ちつかない

しかもタバコを辞めちゃった?ものだから
もう心臓バクンバクン…

(なんとなく復活の予感をA氏のワイフは持っているみたい…汗)



もう眼から火が出る興奮度
意地悪い時計がこれみよがしに
いつもより遅め?に刻んでる

ネットで検索した講座をみて
自宅でチョイと予習でもしようかと

しかしこれがナカナカに難しい
単音がキレイに出ないのだ…

今までいかにいいかげんに吹いていたかと
思い知らされる結果となり

若かりし頃のカッコヨサ?は何処へやら
B氏はがっかり肩を落とす

……

「ともかく門を叩いてみようよ」
A氏が声をかけた (つづく)
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
4 共演
「生意気をいわせてもらえば
いつの日か
あの人と共演するのが夢なんだ
そのような役者さんは沢山いるけど…」

B氏がポツリとつぶやく

「緒形拳さん……」

「夢というのもおこがましいが
残念でならない…」

と A氏は悔しがる

「はやくしないと俺の夢が…」

B氏がメガネに茶色じゃないけど
スモークを少し入れたのは
緒方さんのマネだった



そういえば B氏は以前
緒形拳さんの舞台を観た事があるのだ

『信濃の一茶』
島田正吾先生との共演だった

「師弟関係の愛が俺のココロに
熱いモノをくれたのを覚えているよ」

懐かしむように空を見上げるB氏
秋晴れの空に雲が浮かんでいた

ブルースを…

おもいきり蒼い空に
今のキモチをぶちまけるメロディを…

しかし
ハーモニカは購入したばかり
未だ習っちゃいないし…

キモチばかりじゃ ハ〜ァなB氏

ムギトロ飯でも食べに行こうかと
A氏となにやら相談を… (つづく)
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
3 気まぐれの代償
手に入れたのはジャーマニー製
M.HOHNER < MARNE BAND >

ピンと張った様な音がする
固くてキレイで清潔で…みたいな

こいつと旅することになった両氏は
錦糸町を後にし帰路のペダルを漕ぐ

A氏の耳元でB氏が気まぐれな言葉を発した
「行こう…行こう…展覧会へ 行こう〜!」

A氏はワイフも観たがっていたとB氏をなだめる

が 

徒労に終わる

そして
自転車は博物館駐輪所へ
吸い込まれていった


A氏の脳裏に
ワイフへの弁解を考えねば………



それも一瞬の事だった



ボストン美術館<浮世絵名品展>
浮世絵の遍歴から見える時代の風

保存状態が抜群で色がキレイ!
歌川国芳の三枚続の鯉の絵
カラス天狗が飛び交う絵

鈴木春信のモダンな黒の使い方

むろん写楽や歌麿や北斎や広重や
蒼々たるメンバーの作品群も
初刷り?物もあって色あざやか〜!

気まぐれの代償はブックカバーのお土産にし
A氏は手拭をゲット…
もっともこれじゃ代償とは言えないと帰宅して叱られた

そしてB氏は恨まれ役になった

でもA氏のワイフともう一度
行ける事になりそうでほっとするやら 

もう一度国芳に会える期待が膨らむやら
筋肉痛と共に嬉しい?悲鳴のB氏であった (つづく)
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
2 そこで…




天気晴朗なれば行くしかなし?
A氏とB氏は互いに納得!

電話であらかじめリサーチし
結局南極錦糸町へ…

フ〜フ〜〜 フ〜フ〜〜〜♪

春日通りをまっしぐら
チャリ漕ぎチャリ漕ぎひたすら東へ

!!!

そうか!両国!
国技館と〜大江戸博物館〜!

今日から開催してる
ボストン博物館の浮世絵展!!

ウ〜ム
ハーモニカ買った後にどうしてくれよう…

計算外この状況に無駄のきらいなAとB氏
空模様…よし…問題無さそう…

とりあえず錦糸町!
なにがなんでも錦糸町!

まずはハーモニカ
まずはハーーーモニカ〜!

錦糸町までの道…歩道はキモチよかった
チャリはスイスイ
ココロはウキウキ

新たな世界への道だ


この秋
俺ミュージシャン!

ク〜〜ッ
エゲツナキヤッチャァ〜! (つづく)
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
【鈴虫はブルースが好き】1 A氏の報告




「やはり 浅草には無いみたい」
散歩から帰ったA氏がB氏に告げた報告がそれだった

「やはりお茶の水とか神田とか?」
「そう!…錦糸町とかにもあるって言ってた」

そうなんだ 
いつしか上野や浅草から 
いわゆる楽器が消えたらしく
淋しそうな顔で
浅草のレコードショップのオーナーが言ってたと
A氏が顔マネしながらB氏に説明したのは
ちょっぴり肌寒い秋の始まりの今日だった

二人ともやりたいのはブルースハーモニカ
いわゆるブルースハープ?

二人ともやりたくないのは買いに行く事

お互いキモチは一緒でもナカナカ上手く行かない
10日には見学できそうなハープな世界

「やっぱ トンボの10穴かなぁ」
「そうなるのかも…パソコンで調べたのもそれだったもの」

となると トンボで決まり
で 3〜4千円かぁ……

どちらかが買いに行かねば鳴らないハーモニカ

手持ちのハーモニカはホークソング用?らしく
音の出方が違うかもと二人はオロオロな訳だ…(つづく)
| 【鈴虫はブルースが好き】 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

1/1pages


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS